全リンとは


■ 全リンとは

水中に溶解している無機態リンと有機態リンの総量になります。
無機態リンは、オルトリン酸塩、ピロリン酸塩、トリポリリン酸塩、オキシリン酸塩などで、
有機態リンは、リンアミド類、リンアミド類、リンタンパク類、リン脂質類などです。



■ 全リンの汚染源

肥料工場、石油化学工場、繊維工場、食品工場などの工場排水や、農業排水、生活排水になります。



■ 全リンの代表的な測定方法

ペルオキソ二硫酸カリウム分解法
① 試料水に、ペルオキソ二硫酸カリウムを加えて、高圧容器で加熱分解し、
  試料水中の有機リン化合物をオルトリン酸に酸化させます。
   (有機リンが、無機リン(リン酸イオン)になります、
    これで、試料水中のリンがすべて無機リンになり、測定できる状態になりました。)

② 加熱分解した試料水に、L-アスコルビン酸、モリブデン酸アンモニウム、
  酒石酸アンチモニルカリウムを加えて、青色発色させます。

③ 赤外光(880nm)での、吸光度を測定します。