UV計の新しい使用用途


UV計は、有機物に限らず、紫外線の吸収がある物質であれば、
どのようなものでも測定でき、紫外線吸光度計と呼ぶこともできます。

現在の浄水の現場では、オゾン処理を用いた高度浄水処理が
一般的になってきています。
そのオゾンは、紫外線の吸収がある物質であり、
オゾン処理後の溶存オゾンの管理に、UV計が使用されています。

溶存オゾンは低濃度であることから、
弊社では、高感度型のUV計を新規開発いたしました。

また、高感度の測定を長期間保持するためには、
測定部分のわずかな汚れも許されません。
弊社の薬液封入型洗浄ワイパーによる、薬液とワイパーの相乗効果は、
この課題を克服しています。


理工化学研究所の測定器


「高度浄水処理」で使用するオゾンの管理用途 (オゾン水濃度計) として、
使用されています。

UV計 高感度型 (高度浄水処理-オゾン水濃度計) UVR-3000H
製品の詳細はこちら