リン酸計 高濃度対応 APA-2000


リン酸計ローコストタイプ



■ 主な特長

 ① 弊社従来型のリン酸計に比べて、メンテナンスコストを大幅に削減しました。
   ○ 機械的駆動部品を減らし、定期交換部品を削減
   ○ 発色試薬・校正液使用量を減らし、試薬コスト・校正液コスト・廃液廃棄処理コストを削減

 ② 装置の小型化により、本体価格の低価格化を実現しました。
    
 ③ 測定範囲が「0~200mg・PO4-P/L」で、高濃度に対応しました。

 ④ 試料水中のリン酸 (無機リン) の測定に特化した装置で、
   全リン計と比べて、加熱分解工程が無く、
   簡便にリンの測定を行うことができます。
   モリブデン青吸光光度法

 ⑤ 下水処理場の各工程で、処理効果の確認などの目的で使用されています。
   *下記、下水処理工程図を参照
     弊社従来型が東京都下水道局などで採用されています。

 ⑥ 「測定」「廃液」「洗浄」などの各工程がプログラミング制御されており、
   完全自動化運転を実現しています。

 ⑦ 分析系は徹底した洗浄と温度管理により、
   長期にわたり安定した測定を可能にしています。

 ⑧ 校正についても、定期的に自動で行います。

 ⑨ 操作系はタッチパネル採用で、簡単に操作ができ、
   過去の「測定履歴」「校正履歴」「警報履歴」などを、
   画面上で確認できます。





■ 下水処理工程図

*測定器は、黄色いイラストのある場所で測定を行っています。

下水処理工程図




測定原理: モリブデン青吸光光度法

試料水に、発色試薬として、モリブデン酸アンモニウム、
タルトラトアンチモン(Ⅲ)酸カリウム(酒石酸アンチモニルカリウム)、
L-アスコルビン酸を加え、青色発色させます。
さらに、その発色させた試料水に、赤外光(波長880nm)を通過させ、
吸光度を測定し、リン酸量を計算します。




■ 装置の設置~メンテナンスのスケジュール

 ① 装置の設置:調整、校正、測定値、外部出力の確認

 ② 日常点検:1ケ月に1回、お客様に発色試薬と校正液の補充を行っていただきます。
   必要であれば、弊社から発色試薬と校正液の供給を行います。
   洗浄と校正は自動で行われます。

 ③ 定期点検:1年に1回、検出部などユニット部品のオーバーホール作業と、
   装置の配管・Oリング交換、定期交換部品の交換、校正、外部出力の確認を行います。
   オーバーホール作業は、ユニット部品の等価交換により、
   できるだけ測定漏れがないような形で行います。
   *等価交換とは、オーバーホール済みの同等品をお持ちして、
     その場で既設ユニットと交換する方法です。
     ユニット部品のオーバーホール中に、測定ができないという状況を無くします。
     既設ユニットは弊社に返却していただきます。

 ④ 修繕作業:定期点検時に、経年による部品の劣化が見つかれば、交換を行います。





■ 仕様

一般仕様

装置名 リン酸計 高濃度対応
型式 APA-2000
周囲条件 屋内0~40℃ 85% RH 以下結露しない事
試料水条件 試料水温度 0~40℃(不凍状態) 試料水流量 2~5L/min
洗浄水(希釈水) 浄水 約1.5L/日(測定周期1hr)
電源 AC 100V±10V 50/60Hz 1kVA以下(サービスコンセント0.5KVA 含む)
塗装 5Y7/1 半つや
寸法 本体 540W×700D×1600H

計測部仕様

測定方式 モリブデン青吸光光度法 オープンフローセル方式
1波長2光路 濁質補正演算組み込み
測定波長 880nm
測定範囲 0~200mg・PO4-P/L (自動希釈機構組込み)
試料水採水法 減圧吸引方式
再現性 ±3%/FS
直線性 ±5%/FS
測定周期 30 分,1,2,3,4 時間周期 (内蔵タイマーによる毎正時、毎30分測定)
測定開始は手動スイッチ/外部信号いずれも可能
【注】測定周期によって、試薬の消費量と廃液量が変わってきます。ご相談下さい。
校正 リン酸二水素カリウム標準液による自動/手動スパン校正
濁度補正は毎測定ごと実施
廃液溜め 20リットル ポリエチレンタンク 1個 標準
接液部材質 フッ素樹脂、SUS304、PVC
表示 モノクロ5インチ(320×240 ドット) プログラマブル表示器
測定結果・工程・計測条件設定値・警報内容などを表示
外部出力 4~20mA/FS 負荷抵抗 600Ω
警報接点出力 a接点 AC100V DC30V 1A
①電源断 ②希釈洗浄水不足 ③検水不足 ④装置異常
⑤セル異常 ⑥廃液タンク異常 ⑦流路異常 ⑧保守中
*セル異常…(ⅰ)ゼロ異常(ⅱ)レンジオーバー


お問い合わせ

製品についてのご質問やご相談、価格・お見積もりは、
お電話またはFAX・メールにてお受けしています。
ちょっとしたことでも構いませんので、
お気軽にお問い合わせください。

■ お電話でのお問い合わせ
TEL: 0774-23-3157 (担当: 岡嶋、高井)
営業時間: 9:00~17:30

■ FAXでのお問い合わせ
FAX: 0774-23-7107 (担当: 岡嶋、高井)

■ メールでのお問い合わせ
こちらのメールフォームからお願いいたします。
(担当: 岡嶋、高井)