薬液封入型洗浄ワイパー


■ 薬液封入型洗浄ワイパーとは

薬液封入型洗浄ワイパーによる洗浄機構 (特許 第2639624号) は、
下図のように、薬液で満たされたワイパーケースが、
通常状態では、光路上部に隠されていますが、
洗浄状態になると、上下動作をして、セル窓面がワイピングされます。



薬液封入型洗浄ワイパー1



■ 特長

 ① ワイピングと薬液の相乗効果で、鉄やマンガンによる汚れや、
   有機物の付着を分解除去することができます。

 ② ワイパーケースの上下動作によって洗浄が行われるので、
   ブラシ洗いのような手作業は必要無く、スイッチオンで洗浄は完了します。
   また、タイマーによる定期的な自動洗浄を行うことができます。

 ③ 薬液は封入されているため、次回オーバーホールまで液が保持され、
   洗浄毎に薬液を補充する必要はありません。
   また、薬液は、汚れの種類に合わせて選択することができます。

 ④ 汚濁の程度が大きい試料水の測定で、すぐにセル窓が汚れてしまう場合や、
   汚濁の程度が小さい試料水の高感度測定で、わずかなセル窓の汚れも許されない場合に、
   薬液封入型洗浄ワイパーによる自動洗浄は効果を発揮します。