年表


1980 / 4 資本金600万円を以って、株式会社理工化学研究所を設立
1980 / 6 資本金1,200万円に増資
1980 / 6 計量器製造事業の登録を受ける。登録番号第24号
1980 / 7 水質汚濁総量計測用紫外線吸光光度計(UV計)を開発
1980 / 10 簡易紫外線吸光度測定器を開発
1981 / 1 超低周波交流抵抗測定装置の開発とマイコンシステムによる全自動化の完成
1981 / 2 電圧検知による電池用充放電周期制御装置の開発
1982 / 1 水中の極微量リンの自動ろ紙比色分析技術を工業技術院大阪工業技術試験所の
ご指導を受けて確立
1982 / 4 資本金1,400万円に増資
1982 / 9 総リン自動測定装置の完成
1983 / 3 液クロ用蛍光光度計の完成
1983 / 7 化学発光法アセチルコリンアナライザーの開発
1984 / 1 コロニーカウンターの発売開始
1984 / 11 電池等価回路測定装置の開発
1985 / 6 新社屋に移転
1985 / 11 特許 第1288523号 登録
1985 / 12 分極分布測定装置の開発
1985 / 12 タンカーバラスト排水用オイル計の国産化
1986 / 7 遺伝子細胞導入用電気パルス発生装置の商品化
1987 / 3 電気細胞融合装置の商品化
1987 / 9 実用新案 第1697035号 登録
1987 / 12 遺伝子導入銃の開発
1988 / 3 遺伝子増幅用プログラマブルイニュベーターの商品化
1989 / 10 実用新案 第1790996号 登録
1990 / 6 近赤外線散乱光度法による濁度計の商品化
1990 / 11 実用新案 第1838928号 登録
1991 / 1 ベルチェ素子を用いた各種ドライインキュベーターの開発
1991 / 9 光合成同化箱付き植物瞬間凍結装置(フリーズクランパー)の開発
1991 / 11 ダム湖・湖沼検査用直浸型DOCモニターの完成
1991 / 12 実験室用濁度・SS計の商品化
1992 / 5 米糀発酵温度調整装置の開発
1992 / 7 水中全炭酸濃度測定装置の開発
1993 / 3 レーザー測光による微小繊維径測定装置の開発
1993 / 5 上水管理用濁色度モニターの開発
1993 / 9 用排水管理用UV色度計の開発
1993 / 12 ポリクロメーターを用いた酸化態窒素モニターの商品化
1994 / 4 上水高度処理管理用溶存オゾン計開発
1994 / 5 ポータブル汚泥界面計の商品化
1994 / 6 気相オゾンモニターの開発
1994 / 10 ガス抽出置換導電率変化測定方式によるアンモニア態窒素モニターの開発
1994 / 12 気象調査用センサーゾンデの開発
1995 / 1 上水管理用高感度DOCモニターの開発
1995 / 2 近赤外線散乱光度法による浸漬型濁度指示計の開発
1995 / 4 溶存オゾン計の開発
1995 / 6 ガス置換化学発光検出法による硝酸・亜硝酸・アンモニア三態窒素モニターの研究
1996 / 5 特許 第2519330号 登録
1997 / 4 実用新案 第2540734号 登録
1997 / 5 特許 第2639624号 登録
1998 / 1 クリプトスポリジウム対策用レーザーネフェロメーターの商品化
1998 / 3 高機能化有機汚濁モニターの商品化
1998 / 5 ろ過池洗浄排水管理用浸漬型濁度計の開発
1998 / 5 緩速ろ過池等用投込み設置型高感度濁度計の完成
1999 / 1 薬液封入洗浄方式浸漬型有機汚濁モニターの商品化
1999 / 3 紫外線吸光式オゾン制御モニターの商品化
2000 / 12 全リン・全窒素濃度同時計測装置の商品化
2001 / 2 半導体産業用高濃度オゾン計の開発
2001 / 8 インライン吸光モニターの開発
2001 / 10 クロロフィル蛍光モニターの開発
2001 / 12 上水フッ素イオンモニターの開発
2002 / 1 ハンディー型透視度、濁度、色度計の開発
2002 / 3 TP/TN/COD用試験管加熱分解装置の開発
2003 / 3 上水原水管理用濁度モニターの開発
2003 / 3 特許 第3404500号 登録
2003 / 5 プラント管理用高濃度フッ素イオンモニター開発
2003 / 7 マルチファンクション泳動電源装置の開発
2004 / 11 膜透過(TTS)実験装置の開発
2005 / 7 溶剤高圧噴射チャンバーの開発
2007 / 4 株式会社 イーアールシーのグループとなる
2007 / 6 小型高濃度オゾン水製造装置の製作
2009 / 5 株式会社イーアールシーとの資本提携解消
2012 / 2 リン酸計 高濃度対応の開発