沿革


株式会社 理工化学研究所は、理化学/医学等の測定機器、分析機器、実験機器や、
工業計測器の開発製造、修理、売買を行うことで、
広く社会に貢献することを目的に、昭和55年 (1980年) 4月に設立されました。

丁度この時期、工場排水の水質総量規制の実施により、有機汚濁モニターとして
COD値の測定できる計測器の需要が高まり、弊社では紫外線吸光光度法による、
UV計 (有機汚濁モニター) の開発に成功し、
OEM機器として計装システム業界に提供することができました。

その後、液体クロマトグラフ分析装置用の吸光光度/蛍光光度法等の各種検出器や、
カラム恒温槽・サンプラー等を装置メーカーにOEM提供したり、
ペンタイプのコロニーカウンターや、化学発光法によるアセチルコリン分析計、
高圧パルス電源を用いた各種細胞へのDNA導入装置/細胞融合装置、
PCR法用の遺伝子増幅恒温槽等の生化学研究用の機器等も
斯界のご要望に応じ開発提供してまいりました。

また、乳化濁度検出法によるタンカーバラスト水排出監視用オイル計、
近赤外線散乱光度法による高濃度・低濃度濁度モニター、
レーザーネフェロメトリーによる高感度上水濁度モニター等を製品化しています。

紫外線吸光光度法のモニターは、下水処理水管理用の酸化態窒素モニター/全窒素濃度モニターや
オゾンモニター等の新しい機器の開発につながり、更にガス抽出置換導電率変化検出法による
水中溶存全炭酸濃度計や下水処理水・し尿処理水等のアンモニア性窒素モニターや、
モリブデン酸ブルー法による全リン濃度モニター等の製品も開発しています。